1,2年くらい前から数ヶ月に一回は来てくれるお客さんがいて、最近なぜだかその人のことをよく思い出す。泊まったあとに決してきれいとは言えない字でいっつも長文の手紙が来て、今回もありがとう、また行きますね。といって、読まなくなった本と一緒に送ってくれる。彼は遺伝子研究者。普段は植物の遺伝子のコードを解読している。全然知らない世界の話がおもしろすぎて、毎度いろんな質問をするんだけど、この間びっくりしたのは、植物にも性転換みたいなことができる種があるらしく、例えば、雌より雄の方がその個体の存続として有効だと思った時には、自らゲノムシャッフルをして雄になるらしい。そのくらいしないとこの世界に種が残せないと。今回のコロナで、例に漏れず我々の宿も休業中。なかなか前の世界でやってきたことと同じようにしていては、生き残れなくなって来たときに、いかにゲノムシャッフルできるかどうかが問われている。自らが持っている資源を見つめ、道具を組み替えて、どう舵を切って生きるかを考えている。世界中で行われるゲノムシャッフルごっこの結果がこれからの明日をつくると思うと楽しみだ。

三宅航太郎 Kotaro Miyake/うかぶLLC共同代表

2010年に瀬戸内国際芸術祭に期間を合わせてプロジェクトスペース「かじこ」を岡山市で108日間共同運営。2012年に蛇谷りえと合同会社うかぶLLCを設立し、鳥取でゲストハウス&シェアハウス&カフェ「たみ」、2号店「Y Pub&Hostel」をオープンし運営。
http://ukabullc.com

Hi, How are you?

『やあ、そっちはどう?』

5月に行われた交流記録『Hi, How are you? vol.1』の動画バージョンです。

松島大介/PADDLERSCOFFEE
小田桐奨/L PACK.
facilitator:フクナガコウジ/図案家

デザイン:フクナガコウジ
動画編集:西野正将

WEMON PROJECTS

Tomorrow Never Knows

僕はクマグスクという名前の「泊まって鑑賞する展覧会」をテーマとしたアートホステルを京都の中心部で2015年から約5年間営業してきた。

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表 

Tomorrow Never Knows

〈「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日〉
俵万智さんの歌集『サラダ記念日』が発売されたのは1987年のことである。

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows

「脳内大阪観光」
私はローカル・カルチャーマガジン「IN/SECTS」という雑誌を大阪で年に数回発行している。そして先月、緊急事態宣言真っ只中に「大阪観光」がテーマの最新号をリリースした。

松村 貴樹 TAKAKI MATSUMURA/ローカル・カルチャー・マガジン『IN/SECTS』編集長

Tomorrow Never Knows

こういう時だからこそ、ちょっとした工夫で楽しんで生きていきたいなと思うのでありました。

成田 玄太 Genta Narita/PERCH・Bar werk

Tomorrow Never Knows

人生は選択の連続。
私の選択基準は、それを選ぶと今と同じくらい気分が良い状態が続くか、もしくはさらに気分が良くなるかで選んでいる。

村上 雄一 Yuichi Murakami/BONDO オーナー

Tomorrow Never Knows

家の近くに佐伯山緑地という公園がある

立川 博章 Hiroaki Tachikawa/装身具LCF店主

Tomorrow Never Knows

今までになく締め切りに追われないのんびりとしたムードで絵を描いていた。

山崎 由紀子 Yukiko Yamasaki/絵描き

Tomorrow Never Knows

今年の春から、佐賀県にある元保養所施設の管理人室に住み始めました。

大門光 daimonhikari/イラストレーター

Tomorrow Never Knows

その対象は基本的には過去であり、「あした」ではなく「きのう」。100年後ではなく100年前の話になる。

富川 岳 Gaku Tomikawa / ローカルプロデューサー / (株)富川屋 ・ to know 代表