このコラムは池上のまちで参考にしたいと思った各地で活動している方から寄稿していただいたものです。

スポーツの世界には「イメージ・トレーニング」という実際には体を動かさずに、頭の中で動いている自身の体をイメージしてトレーニングする方法が知られている。アートにもそれと似たものがある。といっても僕以外のアーティストがそれに取り組んでいるかどうかは知る由はないが、今回は、僕が実践している「脳内模擬制作法」を皆さんに紹介しようと思う。
さて、もっぱらそれを実践するのは夜である。布団の中で眠りにつく前、目を閉じた状態で行う。まずは頭のなかに作品の制作に必要な材料を用意する→それらを必要に応じて切る、こねる、穴を開けるなどの加工をする→できるだけ具体的に、実際の手順に忠実に従って制作の手順を踏んでいく→途中でうまくいかなければ最初に戻って繰り返す→それでもうまくいかなけれ他の方法を試す。という具合だ。僕は展覧会が近づくと寝る前に毎日これを行うのだが、これには大きく分けて3つの効能がある。

① 制作予定の作品をつくる工程を頭のなかで具体的にシュミレーションすることで、実際に制作する際に起こる問題やミスを事前にあぶり出すことができる。
② 時間がなく試作品を制作できない場合でも本番を想定したテストを行うことができる。
③ リアルとは違う制作感覚によって予期しない新しい表現の発想がうまれることがある。

 こんなことを寝る前にやると目が冴えてかえって寝れないのではないかと思うかもしれない。しかし、これが意外と良く眠れる。案外集中力がいるからか、しばらく続けていると脳が疲れてきて眠たくなるのだ。むしろ、おすすめの睡眠法と言えるかもしれない。時々、降りてきたアイデアに興奮して全く寝れなくなって夜中にスケッチブックを取り出してしまう事があるが、それはアートの神からの贈り物なので丁重にいただこう。「脳内模擬制作法」良かったら皆さんも試してみてください。寝付きの良くない夏の夜におすすめです。

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表

1980年大阪生まれ。京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。京都芸術大学非常勤講師。京都を拠点に美術家として活動。作家活動と並行して宿泊型アートスペースkumagusukuのプロジェクトを行う。

NEWSANDOHOTSANDO ISSUE 03 あとがき

ちょうど一年くらい前、去年の7月にHOTSANDOで取材したのが地元のブルワリー。ON THE PONDOっていう名前のビールが生まれて、SANDOのコーヒーを使ったオリジナルビールも出来ました。暑くなるとビールが飲みたくなるのが当たり前で、今年も美味しいビールが飲みたい季節がやってきた。
今年は同じ都内なのにローカル線を乗り継いでちょっとした小旅行感を味わいながら松陰神社前まで行ってきました。池上と松陰神社、同じ門前町だけど似ていることや、違いってなんだろ?『Hi, How are you? やあ、そっちはどう?』は、汗ばむ陽気の中、パンとビールお店を営む「good sleep baker」の小林由美さんを訪ねました。美味しいパンをつまみに美味しいビールを飲みながらの対談。お店を構えることは偶然の出会いが多いけど、生活の3分の1くらいはその場所にいるんだから、そこ土地に居続けることってやっぱり周りの仲間とかお客さんとか街の良さってのがめちゃくちゃ大事だなってのを実感した時間でした。
『Tomorrow Never Knows あした何しよう』を綴ってくれてる皆さんは、場所のこと、住んでる土地のこと、日々のルーティンなど自分が大事にしていることを教えてくれた7月。
今年もオリジナルビール作ってみんなと一緒に乾杯したいなあ、のNEWSANDHOTSANDOがはじまりました。

Text:Tetsuya Nakajima (WEMONPROJECTS)

READ MORE

Hi, How are you?

Hi, How are you?

続・上州屋の記録
(HOTSANDO Issue18)

HOTSANDO 編集部

Tomorrow Never Knows

HOTSANDO 編集部

Tomorrow Never Knows

「煮るとスープができる不思議な石を持っているんです。鍋と水だけ貸してください」

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows

HOTSANDO Issue12 あとがき

丸山亮平(HOTSANDO 編集チーフ)

Tomorrow Never Knows

麻田 景太 Keita Asada/五条ゲストハウス

Tomorrow Never Knows

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows

八木 麻子 Asako Yagi/ガラス作家

Tomorrow Never Knows

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表

Hi, How are you?

『やあ、そっちはどう?』
真似したいほど魅力的なまちで活動する方との対談記録『Hi,How are you?Vol.3』は松陰神社エリアで、ビールとパンのお店『good sleep baker』を営む小林由美さん。
世田谷線って池上線と似たローカル線だけど、めちゃくちゃ盛り上がってる印象。でもそれが観光名所があるとかではなくて、生活と地続きで自然体な感じがいいなあと思っています。池上に来たこともある小林さん、松陰神社にお店を構えたきっかけの話を始まりに、住んでるまちのこと、池上のことについて話を聞きました。
ちょっと汗ばむ季節の始まり、美味しいビールを飲みながらの対談。時節柄、東京都知事選挙の話がひとしきり盛り上がったあとのお話です。

小林由美/good sleep baker
中嶋哲矢/L PACK.
フクナガコウジ/図案家

小林 由美 Yumi Kobayashi/good sleep baker