このコラムは池上のまちで参考にしたいと思った各地で活動している方から寄稿していただいたものです。

ロシアのシベリア北部の小さな町ベルホヤンスクで、華氏100度(摂氏約38度)を上回る異常な高温が観測されたというニュースを知ったのは、2020年6月21日の日曜日のことであった。この日は北半球の日本では夏至にあたり、1年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長い。現に夜7時を回っても外はまだ明るく、梅雨梅雨言いながらも雨の降らない今年の京都は、ぼんやりとした空気が夏至の夕暮れに流れていた。

最近は副産物産店という、廃材の循環やそれらの活用をしていくプロジェクトをやっていることもあって、地球環境のことにも興味があったりするのだが、少し前にオゾン層の破壊があるからフロンガスはやめようとか、排気ガスによって温暖化が進んでいるとか、プラごみを無くそうとか、そういう話は頭ではわかっていたけど、実際には夏がどんどん暑くなってるなとか、異常気象と毎年のように言われるようになって、災害大国日本とかそういう言葉に慣れている自分がいて、異常でない年の方が珍しく、どんどん変わっていく地球に対して感性が乏しくなっているよな、とかとか、そんなことを考える。とはいえ、いくら考えても腹は減るし、生活は続くので、ちょっとレジ袋をもらわないとか、少し行動したりするくらいで、家に帰ればやっぱりピッとエアコンをつけてしまったりするのである。

それでもプロジェクトのおかげでちょっとは立ち止まる機会が増えた。特に新型コロナウイルスとかそういう目に見えないものを相手にして、家にこもっていると、向かう方向は健康志向で、少しでも元気な身体とか、身体に優しい食べ物とか、そういうものを意識しようと心がけて行動をするのだが、街で少し走ってみるとそんな人々ばかりで、なんだかそこからもソーシャルディスタンスをはかりたくもなるのです。

一方、京都のずっと北の「世界の寒極」と呼ばれるベルホヤンスクでは、華氏100度以上という気温が観測されて、それは北極圏で観測史上最高のもので、ベルホヤンスクの6月の平均気温は華氏68度くらいらしく、今回の記録はそれを大幅に上回ったことになるんだそうだ。

シベリアでは今年異常な温度上昇が多発していたのだが、シベリアのような高緯度の地域では、地球全体の平均に比べて2倍以上のペースで気温上昇が進行しているんだそうだ。NASAの研究によると、地球の極点付近では大気の流れの影響で、温暖化が急激に進んでいるらしく、極点には大気や熱帯地方から運ばれる温かい空気が集まってくるからで、今後はさらに壊滅的事態が生じることになるらしい。NASAが言うのだから間違いないか、何かの陰謀で、何かを隠すためにそういうことを言うのかもしれない。どちらにしても地球が危機的状況なのは変わらないのかもしれない。

北極圏での温暖化は、永久に凍り続けているはずだった永久凍土の融解を引き起こしている。永久凍土が溶けると、地下に閉じ込められていた二酸化炭素とメタンが放出される。これらの温室効果ガスはさらなる温暖化と、さらなる永久凍土の融解を引き起こす可能性があるんだそうだ。カナダやロシア、スカンジナビア諸島に生息する生き物は、ブラジルやインドネシアなどの低緯度地域の生き物よりも、極めて大きな温暖化による影響を受けることになる。どこの海の向こうの話のようにも聞こえるんだが、その永久凍土の融解や温暖化の先に新たなウイルスの蔓延の危険性もあると言うのだ。

部屋にこもり、携帯でこのニュースを検索しながら、もしかしたら今回の新型コロナウイルスは、回り回って過去の自分たちが行ってきた何かしらに因果関係があるのかもと考えてみた。あの夏のうだるような暑さの時に、ピッとつけたあのエアコンが原因かもしれない。そう考えてみたのだ。もちろん僕だけではなく、みんながピッてしたのだから連帯責任ではある。でもそこに加担したことをこんな夏至の夜のエアコンの効いた部屋で思い知るとは思いもよらなかった。

携帯が教えてくれるニュースでは「北極地方における今回ほどの劇的な温暖化は、2100年まで起こらないものと考えられていた。しかし、温暖化の進行による気温の上昇は、これまでの予測を超えるレベルで進んでいることが明らかになった」と締めくくられていた。

「地球が警鐘を鳴らしている」ハッとそんな言葉を思い出した。まだ見ぬあしたの地球はどうなるんだろうか。僕らはここで何をしたらいいのだろうか。とにかくNASAの次の見解が気になる、そんな夏至の夜だった。今夜くらいは扇風機を回そうと思う。

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

1981年 東京生まれ。2015年より京都市東山区にてフリーペーパーの専門店「只本屋」を立ち上げ、島根県浜田市、宮崎県三股町などで活動を広げる。2017年に美術家の矢津吉隆とともに副産物産店のプロジェクトを開始。2019年春より京都市内の市営住宅にて「市営住宅第32棟美術室」を開設。現在、作品制作の傍ら様々な場作りに関わる。

只本屋
https://tadahon-ya.com/

2019年から東急池上線の池上駅周りを中心に展開しているWEMON PROJECTSというプロジェクトの一環で行なっているNEWSANDHOTSANDO。各地で活動している方からのコラムやインタビューから池上の未来へ繋がるヒントを探していきます。

NEWSANDOHOTSANDO ISSUE 03

『Hi, How are you? やあ、そっちはどう?vol.3』ゲスト:
小林由美/good sleep baker

『Tomorrow Never Knows あした何しよう』コラム寄稿:
新城大地郎/アーティスト
山田毅/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営、
矢津吉隆/美術家・kumagusuku代表、
稲葉秀樹/yohak 代表
河村実月/文藝誌園・居間主宰
飯田純久/イイダ傘店

デザイン:フクナガコウジ
Webデザイン:石黒宇宙(gm projects)
編集チーフ:丸山亮平(百日)
編集:中嶋哲矢(LPACK.)、小田桐奨(LPACK.)
発刊:2020年7月

READ MORE

NEWSANDOHOTSANDO ISSUE 03 あとがき

ちょうど一年くらい前、去年の7月にHOTSANDOで取材したのが地元のブルワリー。ON THE PONDOっていう名前のビールが生まれて、SANDOのコーヒーを使ったオリジナルビールも出来ました。暑くなるとビールが飲みたくなるのが当たり前で、今年も美味しいビールが飲みたい季節がやってきた。
今年は同じ都内なのにローカル線を乗り継いでちょっとした小旅行感を味わいながら松陰神社前まで行ってきました。池上と松陰神社、同じ門前町だけど似ていることや、違いってなんだろ?『Hi, How are you? やあ、そっちはどう?』は、汗ばむ陽気の中、パンとビールお店を営む「good sleep baker」の小林由美さんを訪ねました。美味しいパンをつまみに美味しいビールを飲みながらの対談。お店を構えることは偶然の出会いが多いけど、生活の3分の1くらいはその場所にいるんだから、そこ土地に居続けることってやっぱり周りの仲間とかお客さんとか街の良さってのがめちゃくちゃ大事だなってのを実感した時間でした。
『Tomorrow Never Knows あした何しよう』を綴ってくれてる皆さんは、場所のこと、住んでる土地のこと、日々のルーティンなど自分が大事にしていることを教えてくれた7月。
今年もオリジナルビール作ってみんなと一緒に乾杯したいなあ、のNEWSANDHOTSANDOがはじまりました。

Text:Tetsuya Nakajima (WEMONPROJECTS)

Hi, How are you?

『やあ、そっちはどう?』
真似したいほど魅力的なまちで活動する方との対談記録『Hi,How are you?Vol.3』は松陰神社エリアで、ビールとパンのお店『good sleep baker』を営む小林由美さん。
世田谷線って池上線と似たローカル線だけど、めちゃくちゃ盛り上がってる印象。でもそれが観光名所があるとかではなくて、生活と地続きで自然体な感じがいいなあと思っています。池上に来たこともある小林さん、松陰神社にお店を構えたきっかけの話を始まりに、住んでるまちのこと、池上のことについて話を聞きました。
ちょっと汗ばむ季節の始まり、美味しいビールを飲みながらの対談。時節柄、東京都知事選挙の話がひとしきり盛り上がったあとのお話です。

小林由美/good sleep baker
中嶋哲矢/L PACK.
フクナガコウジ/図案家

小林 由美 Yumi Kobayashi/good sleep baker

Tomorrow Never Knows

近所の弁当屋で僕は言う。

「サケ弁1つお願いします。」

飯田 純久 Yoshihisa Iida/イイダ傘店

Tomorrow Never Knows

東京に来てから3回目の引越しを終え、もう2ヶ月が経とうとしている。マンションの入り口には紫陽花がわんさか咲いていて、いつも帰りを出迎えてくれるような気になる。

河村実月 Mizuki Kawamura /文藝誌園・居間主宰

Tomorrow Never Knows

横浜の店舗には自転車で通い始めた。

中嶋哲矢 Tetsuya Nakajima/L PACK.・WEMONPROJECTS

Tomorrow Never Knows

『塩鰹とルッコラとかのサラダ』

稲葉秀樹 Hideki Inaba/yohak 代表

Tomorrow Never Knows

ちょうど現在のアトリエを出ることが決まり、次の候補地だった祖父の広い書斎がその現場。

新城 大地郎 DAICHIRO SHINJO/アーティスト

Tomorrow Never Knows

ロシアのシベリア北部の小さな町ベルホヤンスクで、華氏100度(摂氏約38度)を上回る異常な高温が観測されたというニュースを知ったのは、2020年6月21日の日曜日のことであった。

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows

スポーツの世界には「イメージ・トレーニング」という実際には体を動かさずに、頭の中で動いている自身の体をイメージしてトレーニングする方法が知られている。アートにもそれと似たものがある。

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表

Hi, How are you?

『やあ、そっちはどう?』

5月に行われた交流記録『Hi, How are you? vol.1』の動画バージョンです。

松島大介/PADDLERSCOFFEE
小田桐奨/L PACK.
facilitator:フクナガコウジ/図案家

デザイン:フクナガコウジ
動画編集:西野正将

WEMON PROJECTS

Tomorrow Never Knows

僕はクマグスクという名前の「泊まって鑑賞する展覧会」をテーマとしたアートホステルを京都の中心部で2015年から約5年間営業してきた。

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表