NEWS AND HOTSANDO

NEWS AND HOTSANDOは、
新しくて熱い情報を得ることができる時間。
紙媒体HOTSANDOの根底にある
「クリエイターが持っている個性的な思考や視点」
これらの思考はこれからの新しい社会を生き抜くためのヒントになるような気がしています。
現在、このような状況下でより多くの方に、ヒントを届けていくために、しばらくの間紙媒体はお休みし、web上で展開していくこととしました。紙媒体とはまた違った取材方法やアウトプットがあることを探しながら、このNEWS AND HOTSANDOで新しく発信していていきます。

一つは『Hi, How are you? やあ、そっちはどう?』。
真似したいほど魅力的なまちで活動する方へのインタビューや対談、イベントからなる交流記録です。ここでは面白いまちの成り立ちや、まちでの活動、個人が考えていることなどを掘り下げていき、池上のまちのタネとなるようなアイディアを見つけていきます。

もう一つは『Tomorrow Never Knows あした何しよう』。
各地で活動している店主や、クリエイターの今の思考に触れることができるコラムです。世界中の人から集めた「あした」についての言葉は、ポジティブな未来をつくるためのヒントを私たち与えてくれます。

NEWSANDOはこのまちの情報収蔵庫としての役割も持ちます。ここに残される誰かの言葉や作品の記録は、いつでも私たちに新鮮な発見を届けてくれます。それが未来のまちへ繋がる一つの新しい指標となるのです。

Tomorrow Never Knows39

丸山亮平(HOTSANDO 編集チーフ)

Tomorrow Never Knows38

麻田 景太 Keita Asada/五条ゲストハウス

Tomorrow Never Knows37

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows36

八木 麻子 Asako Yagi/ガラス作家

Tomorrow Never Knows35

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表

Hi, How are you?3

『やあ、そっちはどう?』
真似したいほど魅力的なまちで活動する方との対談記録『Hi,How are you?Vol.3』は松陰神社エリアで、ビールとパンのお店『good sleep baker』を営む小林由美さん。
世田谷線って池上線と似たローカル線だけど、めちゃくちゃ盛り上がってる印象。でもそれが観光名所があるとかではなくて、生活と地続きで自然体な感じがいいなあと思っています。池上に来たこともある小林さん、松陰神社にお店を構えたきっかけの話を始まりに、住んでるまちのこと、池上のことについて話を聞きました。
ちょっと汗ばむ季節の始まり、美味しいビールを飲みながらの対談。時節柄、東京都知事選挙の話がひとしきり盛り上がったあとのお話です。

小林由美/good sleep baker
中嶋哲矢/L PACK.
フクナガコウジ/図案家

小林 由美 Yumi Kobayashi/good sleep baker

Tomorrow Never Knows34

近所の弁当屋で僕は言う。

「サケ弁1つお願いします。」

飯田 純久 Yoshihisa Iida/イイダ傘店

Tomorrow Never Knows33

東京に来てから3回目の引越しを終え、もう2ヶ月が経とうとしている。マンションの入り口には紫陽花がわんさか咲いていて、いつも帰りを出迎えてくれるような気になる。

河村実月 Mizuki Kawamura /文藝誌園・居間主宰

Tomorrow Never Knows32

横浜の店舗には自転車で通い始めた。

中嶋哲矢 Tetsuya Nakajima/L PACK.・WEMONPROJECTS

Tomorrow Never Knows31

『塩鰹とルッコラとかのサラダ』

稲葉秀樹 Hideki Inaba/yohak 代表