このコラムは池上のまちで参考にしたいと思った各地で活動している方から寄稿していただいたものです。

22年前、高校3年生だった僕は、大きなカルトンを抱え予備校に通い詰め、日々、デッサンに明け暮れていた。芸美大受験は一部の人しか経験する事のない小さな世界だが、難関大学を目指して研鑽の日々を過ごしたことのある者だけが共有できる特殊な時間がそこにはある。今、思い出してみても胸がギュッと締め付けられる青春の1ページだ。結局、僕はその年、現役での合格は叶わず、翌年一浪で無事に第一志望である京都市立芸術大学に合格した。経験者として言わせてもらう、『芸美大受験は面白い』。日本において受験というシステムが抱える諸々の問題はあるにせよ、“絵を描く”という人間の根源的な行為をめぐる若者の群像劇が面白くないわけがない。その面白さを漫画にしたのが、『ブルーピリオド』(山口つばさ/講談社「月刊アフターヌーン」)という漫画だ。東京藝術大学を目指す高校生達を通してアートを真っ向から描く意欲作だ。主人公である1人の男子高校生が全くの未経験から芸美大受験を決意し、絵を描くことを通して成長していく物語…、と言えばありきたりに聞こえるが、まさにこの漫画で描かれている「絵を描くことによって世界の見え方が変わる」「物を見る目(視点)を獲得する」ということ、これこそが僕のアーティストとしての基礎を成していると言い切れる。絵が上手くなることに主眼を置きがちなデッサン(素描)だが、絵が上手くなることは副産物のようなものだ。本当に身につけるべきは“目を持つこと”。今、自分の目の前にある物や事を捉える目を獲得し、その目を持って実践的に活用することが大切なのだ。これはアーティストだけの力ではない。この困難な時代だからこそ、物の本質を見極める力が必要とされるだろう。是非、この漫画を読んで欲しい。そして、久しぶりに鉛筆を手に取ってみてはいかがだろうか?

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表

1980年大阪生まれ。京都市立芸術大学美術科彫刻専攻卒業。京都芸術大学非常勤講師。京都を拠点に美術家として活動。作家活動と並行して宿泊型アートスペースkumagusukuのプロジェクトを行う。

2019年から東急池上線の池上駅周りを中心に展開しているWEMON PROJECTSというプロジェクトの一環で行なっているNEWSANDHOTSANDO。各地で活動している方からのコラムやインタビューから池上の未来へ繋がるヒントを探していきます。

NEWSANDOHOTSANDO

『Tomorrow Never Knows あした何しよう』コラム寄稿:
矢津吉隆/美術家・kumagusuku代表

デザイン:フクナガコウジ
Webデザイン:石黒宇宙(gm projects)
編集チーフ:丸山亮平(百日)
編集:中嶋哲矢(LPACK.)、小田桐奨(LPACK.)

READ MORE

Tomorrow Never Knows

「煮るとスープができる不思議な石を持っているんです。鍋と水だけ貸してください」

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows

丸山亮平(HOTSANDO 編集チーフ)

Tomorrow Never Knows

麻田 景太 Keita Asada/五条ゲストハウス

Tomorrow Never Knows

山田 毅 Tsuyoshi Yamada/美術家 ・只本屋 代表 ・ 副産物産店 共同運営

Tomorrow Never Knows

八木 麻子 Asako Yagi/ガラス作家

Tomorrow Never Knows

矢津 吉隆 Yoshitaka Yazu/美術家・kumagusuku代表

Hi, How are you?

『やあ、そっちはどう?』
真似したいほど魅力的なまちで活動する方との対談記録『Hi,How are you?Vol.3』は松陰神社エリアで、ビールとパンのお店『good sleep baker』を営む小林由美さん。
世田谷線って池上線と似たローカル線だけど、めちゃくちゃ盛り上がってる印象。でもそれが観光名所があるとかではなくて、生活と地続きで自然体な感じがいいなあと思っています。池上に来たこともある小林さん、松陰神社にお店を構えたきっかけの話を始まりに、住んでるまちのこと、池上のことについて話を聞きました。
ちょっと汗ばむ季節の始まり、美味しいビールを飲みながらの対談。時節柄、東京都知事選挙の話がひとしきり盛り上がったあとのお話です。

小林由美/good sleep baker
中嶋哲矢/L PACK.
フクナガコウジ/図案家

小林 由美 Yumi Kobayashi/good sleep baker

Tomorrow Never Knows

近所の弁当屋で僕は言う。

「サケ弁1つお願いします。」

飯田 純久 Yoshihisa Iida/イイダ傘店

Tomorrow Never Knows

東京に来てから3回目の引越しを終え、もう2ヶ月が経とうとしている。マンションの入り口には紫陽花がわんさか咲いていて、いつも帰りを出迎えてくれるような気になる。

河村実月 Mizuki Kawamura /文藝誌園・居間主宰

Tomorrow Never Knows

横浜の店舗には自転車で通い始めた。

中嶋哲矢 Tetsuya Nakajima/L PACK.・WEMONPROJECTS